大手2社のかつら価格|増毛・かつらのクチコミ・比較サイト

大手2社のかつら価格

増毛クチコミ
特にかつらの大手2社は価格を公開していません。カツラ(ウィッグ)は高額のものであるし価格を公表したら来店者が減るとかつら大手メーカーは考えているのでしょうか。
カツラメーカーの説明によると、個人の状況などでカツラの価格は変わってきますので電話では一概に言えないということのようです。確かにオーダーメイドなので電話などで話をしてしまうと後でトラブルのものとなると思われます。
それでも、○○円から○○円程度が価格の中心などくらいでも公表したほうがユーザーの信頼を得ることになるような気がするのです。
現在は、インターネットの普及により、大手と同程度の品質のウイッグが20万円前後で手にいると消費者がわかってきていると思われます。アデランスの売り上げがここ数年横ばいなのを見てもよく現れていると思います。
■かつら大手メーカー売上
少し前の話ですが、かつらの大手メーカー2社の上半期決算報告が、ニュースで出ていました。・アデランスの2010年2月期上半期の連結決算(09年3月1日~8月31日)は、売上高が前年同期比15.7%減の304億400万円、営業損失が1億8600万円(前年同期は10億8000万円の黒字)、経常損失が8900万円(同13億2700万円の黒字)
・アートネイチャーの2010年3月期上半期の連結決算(09年4月1日~9月30日)は、売上高が前年同期比6.9%減の138億1600万円、営業利益は同59%減の5億7400万円、経常利益は同66.5%減の5億2800万円だった。
細かい数は抜きにすると、2社とも売り上げや利益共に、大幅に落ちているという事ですね。 今までは、右肩上がりだったこの業界も、今後は方向転換を迫られそうですね。
当然、私も身を置いているカツラの業界ですので、記事にもありましたが「特に男性の顧客離れが進んでいる」等は、非常に気になりますし、影響もあるかと思います。
実は、「特に男性の・・・」という傾向は数年前からありまして、それが目立たなかったのは、女性用の「ウィッグ」の販売が伸びていたからなのです。医療用かつらや、展示会でのカツラの販売等々・・・ここ数年の女性ウィッグの伸びは目覚ましいものがありました。
「第2次女性ウィッグのブーム到来か?」と業界では言われるくらいでした。 (ちなみに第1次は昭和40年代でした) しかし、その頼みの綱の女性用のカツラも売り上げは低迷しているようです。
このニュースで驚いたのは、「高いもので80万円するかつらが・・・」と、記事の冒頭に書かれていた事です。 以前は、高いもので70万円だったのですが、いつの間にか10万円も金額が上がっているのです!!
これでは、メーカーからというより、業界からお客様がいなくなっていくのも仕方が無いような気がします。もちろん、全てこの金額で販売している訳でもないので、平均は50~60万円と言ったところでしょうが・・・ それにしても高いですよね・・・。
今後は低価格で無理なく続けられて、自然さや品質はもっと向上するようにと業界自体が目指していければ、まだまだ需要は伸びるのではないか?そんな事を考えています。
※上記の増毛クチコミ・比較ランキングは2016年11月21日に更新された最新情報となります。

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

●増毛法や育毛商品は常に進化しています
日本だけでなく世界的にAGAや髪の毛の悩みやコンプレックスを抱える人は男女、年齢を問わず増加しています。 最新の研究施設で毎日、発毛に関する実験や研究が重ねられ、常に新しい製品が開発され販売されています。 10年前の技術と今のものでは成分や生産方法なども含め全く異なります。 以前、芸能人がCMで紹介していた話題の高い発毛グッズを購入して効果を得ることができなかった方という方も新たに見つけられた成分に反応を示す可能性は十分にあるという事です。
もちろん、 育毛剤やシャンプー、スプレーだけでなく錠剤のサプリメントなども充実していますのでライフスタイルに合わせて選択する事ができます。 また増毛法の考え方としてかつらや植毛なども見直されています。 なぜなら、確実に変化を得ることができる上に今までとは異なる科学的な技術でより自然な仕上がりを期待できるようになったからです。 TVや雑誌では毎日のように様々な商品が紹介されたり、成功したパターンや口コミなどが定期的に特集されていますが、未だすべての方に効果があるという育毛剤などは当然見つかっていません。 ですから、長い目で見るとウィッグやかつら、植毛などで早い段階から試してみるというのも選択肢のひとつとして良いのかもしれません。
●人が効果があったものでも試してみなければわかりません
多くの方が悩みを抱える髪の毛の問題ですが、人の体が同じものがないように症状もすべて異なります。 増毛法や発毛商品は日本国内だけでなく、海外のものも含めて数えきれないくらい販売しています病院だけでなくドラッグストアで簡単に手に入るものもあります。 また海外で人気の高い製品などはインターネットで輸入販売をしている所もあります。 自分の体質や髪の毛の質、頭皮に合った技術やシステム、商品や成分を選択するのはやはり難しく、いくら売れているからと言って高いお金を支払って購入しても期待しているほどの変化を見られないという事はよくあることです。
AGAや薄毛に共通して言えることは、発毛まで長い目で向き合っていく事です。 またあまり気持ちがネガティブになり過ぎない事も重要です。 三大疾病の肥満や糖尿、成人病と違うのは、命に関わる病気ではなく仮に髪の毛が薄くなっても健康に被害があるという事はないということです。 ですから焦らず、じっくりと自分に合う増毛法を見つけていく事が重要なのです。 20代や30代で薄くなってしまって精神的に追い込まれてしまうケースもよくありますが、最新の技術でカバーする事は十分可能ですのでリラックスして増毛法に挑みましょう。
●増毛法の前に髪の毛が薄くなってしまったり抜けてしまう原因を知る
遺伝だけでなく疲労やストレスによるもの現代社会はインターネットやスマートフォンなどの生活していくうえで便利なものがどんどん開発されています。 以前と比較すると考えられない桁違いの情報を浴びるように目にしたり耳にするようになりました。 その事が原因のひとつにもなってストレスが溜りやすい世の中になってしまっていると言います。
増毛法にも様々な商品が次々と開発されていますが、それ以上に日々の生活を見直さなければ効果を得ることは難しいとも言えるのです。 精神的に負荷が掛かってしまう事で幅広い年齢層の男女が円形脱毛症や抜け毛に悩まされています。 もちろん発毛のためのサプリメントやスプレー缶、かつらなども開発されていますしそれを補ったりカバーする先進的な技術も進んでいます。 しかし、数ある増毛法をより効果的なものにするためにはメンタルの部分のケアも行っていかなくてはいけません。
理由が精神的なものである場合、内面的な疲労が回復するだけで髪の毛に大きな影響を与えることが多く報告されています。 信頼できるパートナーや家族、友人に相談する事で気持ちが楽になったりすることもありますし、安心感は非常に大きなものです。
※サイト内掲載の評価|クチコミ・比較ランキングに関して
・クチコミサイト・お客様レビュー・2chなど様々な第三者投稿内容を独自に調査したデータを基に当サイト基準によってランキングさせて頂いております。
・ランキングを基に店舗に来店された際のトラブル等に関しましては当サイトは一切の責任を負いませんので予め御了承ください。
・掲載されているランキングやクチコミ情報に関しての苦情や要望などは一切受け付けておりません。悪しからずご了承ください。